フリーエンジニアとして稼ぐ楽しみ

フリーエンジニアとして生活するのを楽しいと感じるかどうかは、エンジニアとして人の役に立つことを好むか、自分に任された仕事を達成することを好むかというところが重要になるでしょう。

フリーエンジニアの魅力的な仕事の1つが請負のものであり、クライアントの要望に対するヒアリングから始まって、それを実現するための戦略を考えて提案し、それをITのシステムとして作り上げ、クライアントにテスト成果を見せて納得してもらうという一連の作業を全て行うことができます。こういった開発のプロセスを一手にうけることで人の役に立つという実感を得ることで仕事が楽しいと思えるようになるでしょう。

こういった点について企業に勤めているとなかなか実感につながらないというデメリットがあります。ヒアリングを行うコンサルタントやプロジェクトリーダー等のリーダー格の人は実際に開発に携わるよりは、戦略を立てたり仕様書を作成したりすることが主な仕事となり、現場で開発に携わるシステムエンジニアやプログラマはクライアントに接することがありません。

そのため、自分の力で作ったものをもってクライアントに接するという機会が誰にもなく、自分の仕事に対して、さほどクライアントに対する貢献という意味合いでの実感を伴わないことになってしまいます。そのため、自分に任された仕事の達成感いうところを楽しいと思えるのが、仕事を楽しむ上で必要なポイントになるのです。

そんな達成感を味わえるフリーエンジニアとして活躍するためには、まずは開業届を提出するといった手続きが必要です。節税方法など、知っておくと得する情報が記載されているサイトはこちらです。参考にしてみるといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です